Kindleが家にあったから(今更だけど)使ってみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
並ぶ本もいいけど、電子書籍もいいよ。

ダンナはんがKindle 買ったのは知っています。

・・・その数日後から、テレビの前に置きっぱなしなのも知っています。。。

使ってないなら私使っちゃうよー?ってことで、初めてのKindle体験♪


本体重量は本当に軽い!

最初に持った感想は『軽っっっ!!』

我が家にあるタブレットはiPad。…持ち歩くにはちょっと重いですよね~(;・∀・)
先日知り合いのiPad miniを直した時に小さくて軽い!と感動しましたが、Kindleも超軽い!

iPadとかはひんやりとして金属の感触が気持ちいいですけど、Kindleはプラスチック。
その材質の違いのせいもあってか、触った時の手の感触からも軽さを感じ取れます。

画面の白黒オンリー表示にちょっとした驚き

タブレット=iPadのイメージがあまりにも強すぎて、Kindleもタブレットみたいなもんだろうって思っていたため、白黒オンリーの画面にちょっと気持ちが落ち着かなかったです(゚∀゚)
Kindleで雑誌のサンプル見ても白黒で、むしろのその潔さにしびれる、みたいな(^-^;)

本を読むということに特化したものって考えれば、まぁ自然ですよね。
本をたくさん読むなら、白黒で全然問題ないし、それでいてこの軽さは良いです。

フルカラーである必要はないし、雑誌読みたいならiPadみたいなタブレットで良いですし?

文字を読むものとしては十分!

本を読むものということで可読性はどうなのかっていうと、いわゆる一般的なタブレットとはやっぱり違います。電子インク・電子ペーパーとかあるらしいですが、技術的な所は全く知りませんw

私は基本、電車とか昼食時などなので問題ないけど、バックライト光らないヤツは画面の明るさが変わらないので、暗い所では見えづらいです。ちょっとオシャレなカフェとかツライ(^-^;)。

スワイプしたらすぐ読める
操作性は、シンプルで簡単!
1) 画面をスワイプしたらロック解除。
2) すぐに読みかけていたページが表示される。
3) ページ送りは画面右側、ページ送りは画面左側をそれぞれタップ。
4) 読み終わったら、本体下部のスイッチを押してロック。

本体にボタンが一個しかないという、究極の簡単操作。
これなら機械音痴の私のおかんにも渡せそう(゚∀゚)w!

電子インクだから?の表示

スリープ状態から起動状態に、などの画面が変わった時の表示の変わり方がちょっと独特です。
これって電子インクとか電子ペーパーとかだからなのかな?
ちょっとした画面のムラみたいなのも独特です。

PCからでもKindleからでの本が買えちゃう

設定画面でamazonのアカウントを保存すると、ネットがつながる環境(Wi-Fiがあるとか)ならKindleからも簡単に本が買えます!

でも、ロック解除がパスコードとかじゃなくスワイプだけなので、うっかり子供に触れたりすると本が買えちゃいます。えぇ、キクタン。うっかり買われました…。
この後、Kindleからアカウント情報は削除、且つ、パスコードロックもかけることにしました(^-^;)。
セキュリティって大事デスネ。

Kindleの良さは簡単操作

まとめ:慣れれば全然良いよ、Kindle!

独特な表示とか気になる所はあったりするけど、本が大好きな人にはこれは便利だと思いました!
長期で旅行行く時とか、Kindleにたくさん本入れておけば、かさばる本をたくさん持って行かなくてすみますしね。

私は…最近はもっぱら、どちらかと言えばあまりKindleに適さない、プログラムとかデザインとかの本を読むことがほとんどなので、正直Kindle使う機会は少なそう・・・(^-^;)。えへ♪

でも、Kindleとかが普通になれば、家にある本を自炊して電子化したくなりますね。家が片付く…なんて素敵!自炊用のドキュメントスキャナーがもうちょっと安くなったら是非欲しいですね・・・( ̄▽ ̄*)ニヤッ




Leave a Reply

  • (will not be published)

CAPTCHA