MacBookPro Retinaディスプレイの悩み。ずばり高解像度すぎて慣れないw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これまでのディスプレイとRetinaディスプレイの見え方の違い

Macbook Pro 13インチを使い始めて4か月程経ちます。本体の軽さと動作の軽さを味わったので、もう手放せません。デスクトップイラナイド━(゚Д゚)━ン!!!!
さて会社ではwinのPC、自宅ではmacな私ですが、、、実は悩みが。Retinaディスプレイの素晴らしさに私が付いていけてないのです・・・。

具体的な悩みポイントでいうと、デスクトップで制作したweb用の画像をretinaディスプレイで見ると、解像度の違いで大きさの感覚が分からなくなるという、文字では伝わりにくい悩み(苦笑)。
そこで、Retinaディスプレイがどんなものなのかをお伝えしたいと思います!

そもそもRetinaディスプレイは何が違うの?

Retinaディスプレイの特徴は、解像度の高さです。
これまでのディスプレイより、1インチ当たりに表示できる画素数が多いんです。

MacBook Pro Retina ディスプレイモデルのピクセル密度はとても高いため、通常の距離から見ている場合、人間の目では 1 つ 1 つのピクセルを識別できないほどです。Retina ディスプレイには、通常の MacBook Pro ディスプレイの 4 倍のピクセルが詰め込まれているため、驚くほどの精細さでコンテンツが表示され、画面の美しさが劇的に向上しています。

MacBook Pro:Retina ディスプレイの使用についてよくお問い合わせいただく質問 (FAQ)-Appleサポートより引用

1ピクセルの大きさが図のように違うということですよね。
これまでのディスプレイとRetinaディスプレイの見え方の違い
実際の画面での表示サイズの違いをスクリーンショットで。

左が、実際に公開されている、画像ファイル。サイズは649px*400px。
右が、Photoshopで縮尺100%の状態で開いてる、左と同じファイル。
フォトショ上の100%とブラウザの100%
こーんなに表示サイズが違うんです(゚д゚)!

画像を作っているときに、大きさが掴みづらい(;・∀・)

基本画像作るときは縮尺100%の状態で、文字の大きさなど見づらくないように制作するのですが、
Retinaディスプレイになったら、100%表示だと小さくて、文字等の大きさのバランスが取りづらい。

Retinaディスプレイの設定で、解像度を変更すれば良いらしい

上記で引用したAppleのサポート記事に、解像度の変更の仕方がでていました。要するにRetinaディスプレイで高解像度じゃない状態で使えば良い、ってことなんでしょうか…(;´Д`)?
せっかくのRetinaなので、私は解像度変えるつもりはありませんが…。
そのうち、きっと、慣れるでしょう(゚∀゚)!

Leave a Reply

  • (will not be published)

CAPTCHA