【PHP】10の手順で作れる!PHPのクラスの作り方【A4の2ページPDF】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PHPロゴ

外部(他社)からライセンス購入した、WordpressのプラグインとAPIの組み込みで10月が終わってしまった私です。
そもそもPHPのクラスをよく分かっていないのに導入決めてしまったのですが(え?)、結果、勉強にもなったし大層満足しております♪
で、スクリプトと解説をまとめて1ページで且つ手順書みたいにできないか?ってことで、PHPのクラスの作り方をまとめました!

PHPのクラスの作り方

【PHP】クラスの作り方-1
  1. クラス名(設計図名)をつける
  2. クラス内で値を入れておくための、メンバ変数(プロパティ)を作る
  3. クラスで何を行いたいのか、のメンバ関数(メソッド)を作る
    3’ クラス内で、メンバ変数・メンバ関数にアクセスするとき $this
  4. クラス(設計図)を元に、new でオブジェクトを作る(インスタンス化)
  5. クラスから作ったオブジェクトを使って、メンバ変数・メンバ関数に
    アクセスするとき -> (アロー演算子)
  6. メンバ変数で引数を受け取る
  7. オブジェクトからメンバ関数を呼び出す(引数受け渡しも)
  8. 値を、呼び出し元に返す時は、return
  9. クラス内に定数を設定するとき ※定数ではないので、$はつけない!
    9’ クラス内から定数を参照するとき
       self::定数名 or クラス名::定数名
    ※定数は、オブジェクト毎ではなく、クラス単位で設定されるので、
    $thisはオブジェクト毎、selfはクラス、として考える
  10. オブジェクトがnewで作られるときに、自動で呼び出されるメソッド
    ※初期化が必要なときに便利!

$obj = new クラス名();      //・・・・・4
$obj -> メンバ変数名 = 1;      //・・・・・5
$obj -> メンバ関数名A(5);      //・・・・・7

class クラス名{      //・・・・・1
    public メンバ変数名;      //・・・・・2
    const 定数名 = 値;      //・・・・・9

    function __construct(変数、変数,…){      //・・・・・10
         初期化する処理;
     }
    function メンバ関数名(){      //・・・・・3
         print $this -> メンバ変数名;
     }
    function メンバ関数名A(引数){      //・・・・・6
         $this -> メンバ変数名 = 引数;
         $this -> メンバ関数名();
         return 値;      //・・・・・8
     }
}


クラス作りでの、他のコト

【PHP】クラスの作り方-1

アクセス修飾子

メンバ変数・メンバ関数にアクセスできる範囲を設定するもの
  • public
    クラス内・位外のどこからでもアクセス可
  • private
    同じ位ないからのみアクセス可(オブジェクトからのアクセス不可)
  • protected
    同じクラス、及び子クラスからアクセス可

staticのこと

staticが指定されたメソッド・プロパティは、インスタンスを作らずに実行できる。
◎静的なものにする・全体で共有される

staticが指定されたメソッド・プロパティは、$this が使えない

NGな記述・・・echo $this -> メンバ変数名;

staticはインスタンス毎のデータが扱えない

実質グローバル関数を同じ、ということ

PDFの方が絶対見やすいので、是非どうぞー★

上記の画像をPDFにしたものもありますので、どうぞご利用くださいませ♪
【PDFダウンロードはコチラ】【PHP】クラスの作り方

Leave a Reply

  • (will not be published)

CAPTCHA