【Git】ローカルリポジトリからリモートリポジトリ、環境作成方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
gitロゴ

先日は既に公開されているWEBデータを元に、ローカル環境を作りました。
今回はその逆。ローカルで開発してきたデータを、サーバーに乗せて管理します。


ローカルリポジトリからリモートリポジトリを作るときの流れ

ローカルからリモート環境へアップ

1・ローカルの開発中のフォルダをgit管理下におく

(念のため…)まずは管理したいフォルダ(私の場合は、WPのthemesフォルダになります)の中で、gitを始めます。
$ git init
git init というのは、リポジトリを初期化する=新しくリポジトリを作成する、ということになります。
これで、管理したいフォルダ内に「.git」フォルダ(不過視フォルダ)が出来ます。
次に、最初のコミットをしておきます。
$ git add .
$ git commit

2・リモートにベアリポジトリを作る

非公開エリアに作ります。
非公開エリア
 L git
   Lkanri01.git
   Lkanri02.git 
上記のように階層作っておくと、後々複数運営することになった時とか楽かもしれませんね。更新履歴だけ残したいフォルダで、以下を実行します。
$ git init --bare --shared
–bareというのがオプションになります。これで、ベアリポジトリができます。
–shareというのを追加すると、共有リポジトリになるそうです。

3・ローカルからリモートにPUSHする

クローンではなく、pushです。
ローカル側から、リモートへpushします。
$ git push ssh://アカウント名@ホスト名:ポート番号/フルパスでクローン先を入力/

クローンでなくプッシュの理由はよくは分からないのですが、リモート側からクローンするのに、ローカルのパス(URL?)が書けないからかなーなんて思っております。教えて偉い人。

4・公開エリア側から、非公開エリアのgitをクローンする

公開エリアに、フォルダを作ります。(私は、WPのthemesフォルダを別名にしておき、新規にthemesフォルダを作成しました)
この新規作成フォルダ内に、先ほどの非公開エリアのgitをcloneします。
$ mkdir test
$ cd test
$ git clone ~/git/test.git/ .

完了!

以後は、ローカルで更新→非公開エリアにpush→公開エリアからpullでOK。ヤタ━ヽ(゚∀゚)ノ━!!!!
非公開エリアにpushしたら自動で公開エリアでpullしてくれるように出来るようなのですが、私まだ出来てない(動かないぃぃぃ)ので、そのうち出来たら書きたいと思います…(つд⊂)エーン

あると便利よ♫

Leave a Reply

  • (will not be published)

CAPTCHA